仲介手数料無料の仕組みって実は…

◆仲介手数料の仕組みとは?

一般的に不動産売買の取引では売主側の不動産会社と買主側の不動産会社がいます。そのため、売主側の不動産会社は売主から仲介手数料をもらえる。買主側の不動産会社は買主から仲介手数料をもらえるという仕組み、構造になっています。

もちろん取引によっては取引によっては売主側の不動産会社と買主側の不動産会社が1つの会社である場合もあります。このケースの場合は、売主と買主の両方から仲介手数料を貰います。いわゆる両手取り引きということですが、不動産会社はこの両手取り引きの場合利益が倍になるので、おいしい取引と言えます。

よくある仲介手数料が無料にできるケースというのは、この両手取り引きの場合の片方(買い手側)の手数料を無料にするという形なのです。その際、売主側から仲介手数料が入りますので、無料にしても成り立つということです。しかし、買い手側のみの場合は仲介手数料は無料にはできませんし、そうしている会社はないでしょう。

◆不動産会社のメイン収益である仲介手数料を無料にしている会社の数は?

都内でもそうですが、仲介手数料を無料にする会社というのは実はそう多くありません。上記にあるような両手取り引きの場合、利益の半分をもらわないということなので、なかなかできるものではありません。

そのため、都内でも数えられるくらいの数しか手数料を無料にすることはありません。